七十郎蝦夷日記 =やっぱり冬は嫌い=

桑畑七十郎です。50代のしょぼくれたおっさんです。基本、出不精+現在、単身赴任中なのでそんなにネタはありません。

地方巡業2011(7)

パコダテは、夕べから雪が降り出し、すでに結構積もってます(;´Д`)
さて、巡業も残り2か所。今回はせたな町に行ってまいりました。今回も私が運転担当となり、13:50に職場を出発し、国道5号−道道42号−国道229号経由でせたな町瀬棚区まで2時間40分ほどで無事到着しました。
去年までの会場は北檜山区の源泉掛け流しの温泉ホテルでしたが、今回の会場は瀬棚区にある民宿でした。温泉じゃないのがちょっと残念(笑)。
16:50から説明会がスタートし、1時間強で説明を終了、その後はいつものように飲食をしながらの懇談会です。民宿ということで料理は海産物が中心で、お味のほうはまずまずでした。お酒も地酒である「吟子物語」をいただきまして、こちらは飲みやすかったこともあり、ちょっと飲みすぎました。毎年のことながら、この地区は懇談後に2次会が設定されておりまして、スナックへ行き、カラオケ&地焼酎を楽しませていただきました。地酒「吟子物語」&地焼酎「米焼酎 風海鳥(かざみどり)」はこんなお酒。


で、お通しは、あんこうのとも和え+一品。こちらも美味しかったです。

23時頃に宿に戻ってから、同行者と25時まで部屋呑みして、顔洗って就寝。
翌日は、朝風呂の後、朝食をいただき、会長さんからのおみやげであるせたな町ちとせ桜井商店さんの「こだわりプリン」を受け取り、9時ちょっと前に出発。雨交じりの中、遅い車に悩まされながらも11時20分頃職場に到着いたしました。

プリン、なかなかおいしかったですよ。ほんと感謝でございます。本当は今年行きたかったのですが、来年、もし行くことがあれば、早めに行って、桜井商店のライバルである賞味期限が1時間という甲田菓子店の「岩シュー」を食べてみたいと思います(笑)