七十郎蝦夷日記 =やっぱり冬は嫌い=

桑畑七十郎です。50代のしょぼくれたおっさんです。基本、出不精+現在、単身赴任中なのでそんなにネタはありません。

札幌出張

先週、情報交換会のため、ボスの代理で札幌出張となりました。
火曜日に出張に行くことが決定したため、仕事が終わった後に金券ショップで往復特急乗車券を購入、翌水曜日にネットで指定席予約を完了。そして出発当日の木曜日。この日は旅行日で特に札幌での用務のない日でしたので、通常通りに出勤し14時まで勤務した後、駅まで送っていただき、缶ビール買って15:18発のスーパー北斗13号に乗車。この日は隣に誰も座らなかったので、ゆっくりと本を読んで、17時からビール飲んで、ウトウトしたところで19時ちょい前に札幌到着。
この日の夕食の候補は、来店したことのない、ススキノ第7グリーンビルの山忠分店の冷たい「かしとろ」か、最近やっと北海道に上陸した餃子の王将京都王将)の「ニラレバセット」にしようと思っていたのですが、結局地元のみよしのを選択してしまいました。予定と違うのは、いつものことですね。


ぎょうざが18個ついたみよしのジャンボ定食(720円)。味は別として、王将の餃子定食がぎょうざ12個に普通ライスで680円ですので、ぎょうざ定食に関してはコスパはみよしの勝利なのかな。ただ、注文を考えていたニラレバセットは、ニラレバ炒め、餃子6個、唐揚2個にライスとスープで800円。まずまずのコスパではないかと思うので、次はこれを食べてみよう。
で、この日の宿泊はニコーリフレのスタンダードカプセル。コンビニでウィスキーのミニボトルを買って、パチンコ屋の店内を突っ切って、エレベータでチェックイン。今回は誕生日優待券を利用して1泊800円、朝食が前日予約で650円、計1,450円で一泊朝食付きとなりました(笑)着替えて時計をみると20時5分前。20時からロウリュの時間だってんで、風呂へダッシュ。体を洗ってサウナ室で待っていると始まりました、体感100℃の熱風ロウリュ。ロウリュとはお店の説明では「熱したサウナ石に、アロマを含んだ専用の水をかけ、発生した高温の蒸気をタオルで仰ぎ、心地よい香りと熱風で一気に発汗を促すサウナパフォーマンス」(http://www.nikoh.info/loyly/)とのこと。いやいや結構熱かったけど気分良かったですわ。体洗って、冷たい備長炭凛水風呂に入って、ゲルマニウムミストサウナに入ったりして、のんびり過ごしたあと、リクライニングルームへ。風の大地を20冊くらい読んで、肩こり状態に(笑)すでに遅い時間であったけど、もう一度入浴して、ウイスキー飲んで就寝。翌金曜日は7時に起床。軽く入浴して朝食へ。

なんか、同じような食材を使った料理ばかりで食欲が今一つ湧かない。結局おかわりせずにコーヒー飲んで朝食終了。時間があるので、リクライニングルームで、新ブラックジャックによろしく2 移植編を読破し、入浴して洗髪して髭剃って、パウダールームで身だしなみ整えて、着替えてチェックアウト。情報交換会場まで徒歩で行き、まず一つ目の情報交換会に出席。12:40に終了した後、講演会に出席、つまらん内容。ここで、時間が出来たので遅い昼食タイム。さて、大番北農ビル店で冷やしたぬきでも食べるかなと思ったものの、近くを散策してみるかと思い、いろいろ見てみるも結局、なか卯で和風牛丼の大盛(350円)ということに。

食事後は、会場に戻って2つ目の情報交換会に出席し、終了後、イベントに出席はせずにこの日の業務は終了。
この後は長男の下宿先である妻の実家に行って、酒飲んで酔っ払い、とっとと就寝。翌日は、朝から家族に頼まれていた業務をこなして、エキチカで子供たちへのおみやげ買って、出発から遅れまくった北斗14号で函館に戻ってまいりました。