七十郎蝦夷日記 =やっぱり冬は嫌い=

桑畑七十郎です。50代のしょぼくれたおっさんです。基本、出不精+現在、単身赴任中なのでそんなにネタはありません。

採用面接

今年の中途採用者及び来年度新卒者についての採用面接を担当してるんですが、どうもつまらない。かわいい人がいないとかそういう不純な理由ではなく、志望動機とかワンパターンすぎて特長がなさすぎるって理由で。
ということでわたしが高評価点をつけるであろう人材というのをお教えしようヽ(´―`)ノ
わたし的には、やはり頭の回転が速く、ユーモアのある人がイイ。例えばこういう答えを書く人なんだが、
問1)「あたかも」を使って短文を作りなさい。   答:冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。
問2)「どんより」を使って短文を作りなさい。   答:うどんよりそばが好きだ。
問3)「もし〜なら」を使って短文を作りなさい。  答:もしもし、奈良県の人ですか?
問4)「まさか〜ろう」を使って短文を作りなさい。 答:まさかりかついだきんたろう
問5)「うってかわって」を使って短文を作りなさい。答:彼は麻薬をうってかわってしまった。
こういうしゃれっ気のあるやつがイイ(・∀・) あくまでも、しゃれで書いてある場合だぞ。本気で書いてるのならばそいつはイラネ。
あとは、チームのために身を投げ出したりして犠牲にできる人だ。

まさにこういう人だ。こういう人に頑張ってもらい、私がホームランを打つ。
これがチームというもんだ( ̄ー ̄)
ただ、私が満点をつけても、面接担当はわたしだけではないので、ほかの担当者がどのような評価をするのか、それはわからない。
私は責任とらんからな。気をつけろよ、上司とはこういうもんだぞ(´・ω・)
以上 ネタなんだから本気にすんなよということでおしまい。
追伸:あ〜あ、夕べ、またワイン一本空けちまったよ、反省。